婚活を始める理由

【外部的(客観的)要因】

祖母の認知症が進行していることや両親がもうすぐ定年を迎えることで、この人たちが私よりも先に死ぬという現実(当り前のことなんだけど)を見つめ直し、新しい家庭を持つ必要があると実感したこと。

自然妊娠の成功率が高い30代前半までに出産をするために必要な日数を逆算した結果。

子供だけ授かったとして自分1人で子供を産み育てるには転職しないかぎり収入もメリットもないこと。

 

【精神的(主観的)要因】

学生時代から26歳前半くらいまでは、「20代は自由気ままに過ごして30歳くらいでいい人と結婚したい」と思っており、結婚を見据えた恋愛をしたことがなかった。結婚なんて本気になればすぐできるという自信と浅はかさがあった。

26後半〜27歳前半、友人の結婚出産ラッシュで初めて結婚願望が湧く。この頃ちょうどSNSにどっぷり。結婚以外でも他人と比較する癖がつき、劣等感スパイラル。自分を出来損ないだと卑下し自尊心は枯渇。理想と押し付けが独り歩きし、男性もどんどん遠ざかる。

27後半〜28歳、様々な誘惑や欲求から距離を置き、自己分析に徹する。ありとあらゆる媒体を通してこれまでの思考と行動を猛反省し添削。自分の黒い部分と向き合いトライアンドエラーを繰り返す。

28歳10ヶ月←イマココ。今の生活にほとんど不満がなく、精神的にも安定しているため、できればこの生活を続けたい。しかし、先述した【外部的(客観的)要因】と、この1〜2年で自分の結婚観・人生観が大きく変化したことにより、効率良く、後悔なく、自分が幸せになれる方法のひとつとして婚活もアリなのではと考えたため。 

 

劣等感スパイラル…や、自己分析…のあたりは今後具体的に掘り下げていく予定で、

このブログは大きく分けて二部構成で進めていこうと考えています。

 

・これから始まる婚活の進捗

・私が婚活に至るまでの変遷

 

それぞれ、

・現在進行形の事象を蓄積して将来の分析材料にする

・過去の体験や思考をテキストであげることにより現在の価値観に輪郭をつける

ことが目的です。

 

コホート研究と症例対照研究の同時進行

とでも言うのでしょうか。(滝沢カレン風)

 

あくまで私の私による私のためのブログなのですが、もし興味を持って読んでくださる方がいるのであれば、それはそれで嬉しいですし婚活の励みになりますので、どうぞご自由にという感じです。

 

そんな利己的ともいえるブログですが、基本的には書き言葉にすることで、ブログ全体のテンションを一定に保つようにします。テンションのムラが出てしまうと、読みにくくなるからです。読み手目線で書くということは、自分にとっても読みやすいということだと思うのです。

 

 

先日、結婚相談所に登録したり、初めて婚活の集まりに参加し洗練を受けたので、近いうちにまた書きます。

 

次回、婚活デビュー(出会いアプリ編)